mera
英文サイト サイトマップ お問い合わせ トップページ
トップページ
会社情報
会社概要
歴史
取扱分野
開発・品質管理
全国営業所
福利厚生
医療関係者の皆様へ
製品情報
学会情報
保守サービス
医療機器添付文書
患者の皆様へ
採用情報
医療機関等との透明性ガイドライン
泉工医科工業株式会社

最新医療をささえる医療器械の総合メーカー 泉工医科工業株式会社の整形関連製品 人工股関節置換術の目的 人工股関節の構造 人工膝関節置換術の目的 人工股関節の構造 脊椎のしくみ 手術の目的

HOME > 会社情報 - 取扱分野トップ > 整形関連製品
 
取扱分野 麻酔呼吸関連製品 麻酔呼吸関連製品 整形関連製品
整形関連製品
□人工股関節置換術の目的 □人工股関節の構造 □人工膝関節置換術の目的 □人工膝関節の構造 
□脊椎のしくみ □脊椎の手術
人工股関節置換術の目的
人工股関節置換術の目的は「痛みを和らげる」「関節の機能回復」です。股関節は体重を支える身体の中の最も大きな関節です。その関節が病気や怪我などの原因により症状の回復が難しい場合、動くと痛む、階段の昇り降りが難しい、靴下や爪きりが出来ない、ひどい場合には立っているだけでも痛むこともあります。手術によって病状が進行した股関節を人工の関節に取り替えることによって、関節の痛みを和らげ、関節の機能回復が期待できます。
人工股関節置換術の目的
人工股関節の構造
人工関節は大きく4つの部品から構成されています。
ヘッド:大腿骨骨頭の役割をします。
ステム:大腿骨に埋め込み股関節に掛かる力を支えます。
アセタブラーシェル:臼蓋側で関節面の役割をします。
ソケット:臼蓋側に埋め込みアセタブラーシェルを支える役割をします。
人工股関節
人工膝関節置換術の目的
人工膝関節置換術の目的は「痛みを和らげる」「関節の機能回復」です。
膝関節は大腿骨と脛骨と膝蓋骨から構成されています。膝関節の間にある軟骨と半月板が長い年月をかけて擦り減ると、痛みや変形、機能障害を引き起こします。
(変形性膝関節症)。関節リウマチは関節液が貯まったり、関節を包んでいる組織に炎症が起こる病気で痛みや腫れを引き起こします。手術によって病状が進行した膝関節を人工の関節に取り替えることによって、関節の痛みを和らげ、関節の機能回復が期待できます。
人工膝関節
人工膝関節の構造
人工関節は大きく4つの部品から構成されています。
大腿骨コンポーネント:大腿骨の関節面の役割をします。
脛骨インサート:膝関節の軟骨と半月板の役割をします。
脛骨コンポーネント:頸骨インサートを支える為の土台として頸骨に設置します。
膝蓋骨コンポーネント:膝蓋骨の関節面の役割をします。
人工股関節
脊椎のしくみ
脊椎は、独特の形をした椎骨が連結しています。頭蓋骨の下から頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)があり、その下に仙骨と尾骨があります。体を支え、脊髄を保護する働きがあります。
脊椎
脊椎の手術
脊椎に変性や変形、骨折、腫瘍などが生じると、脊髄や神経根などの神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状が出現します。保存的治療で改善しないほどの痛みやしびれ、麻痺がある場合には、脊椎手術が行われます。
脊椎手術は、神経に対する圧迫を解除する「徐圧」、不安定な脊椎を安定化させる「固定」、ずれや曲がりを直す「矯正」が基本となります。
金属のスクリューやロッド等で構成されるスパイナルインプラントを用いて、固定や矯正の補強が行われます。
 
 
 
ページのトップへ
 
  Copyright(C)2015 MERA All rights reserved.