MENUCLOSE
日本語 English

製品情報

医療関係者の皆様へ

補助循環

IABP

バルーンカテーテル

コラートBP センサーバルーン P2 7Fr

センサー内蔵型バルーンカテーテルを細径化しました。 さらに、バルーン長を通常サイズとショートサイズの2種類を展開することにより、日本人の体格に合わせたサイズ選択が可能となりました。

一般的名称 バルーンポンピング用カテーテル
販売名 コラートBP センサーバルーン P2
承認番号 21400BZZ00104000

 

 

半導体血圧センサーをバルーン先端に内蔵

バルーンカテーテルを体内に挿入し、スタートボタンを押すだけで動脈圧波形が即座に得られます。

血圧が低い患者さまやPCPS/ECMOシステムとの併用時のような僅かな脈圧差でも、体内において自動ゼロ点補正が行えます。

※コラートBP3の場合最小7mmHg以上の脈圧差

 

 

遅れや歪みのないIABP療法に適した動脈圧波形を得られます。

また、2時間に1回自動でゼロ点補正を行います。

さらに、通常の観血式血圧トランスデューサでみられる振動によるノイズを軽減するため、

安定したECG信号が得られない場合に特に有効です。

 

 

 

独自のオートモードで管理負担を軽減

IABP駆動装置であるコラートシリーズとの併用で、INF/DEFのタイミングを装置が自動で調整するセンサーオートモード、およびボリュームウィーニング機能が使用可能です。

センサーオートモードを使用することにより、補助した結果に修正を加えたデータを装置に蓄積し、トリガーの瞬間に蓄積されたデータ群から類似するデータを参照・引用し、自動的にタイミングを調整します。

補助を行えば行うほどタイミングの精度が上がり、不整脈発生時における追従を可能としています。

IABP駆動装置 コラート BP3

 

 

 

日本人の体格に合わせたショートサイズバルーン

7Frショートサイズのバルーン長を日本人の体格に合わせ短くしました。

腎虚血の防止と、腹部石灰化病変部への接触で起こるバルーンラプチャ低減の可能性が見込めます。

 

 

キレの良いシース、特殊加工のダイレータを採用

キレの良いシースは強度向上と穿刺抵抗の軽減を図り、ダイレータの繊細な先端テーパー形状は、

ガイドワイヤーへの更なる追従性と穿刺時の血管後壁へのダメージ軽減が期待できます。

 

 

カテーテルキンク対策

コイルチューブ融合カテーテルを採用することで、耐キンク性が向上しました。

コイルチューブの持つしなやかな柔軟性、適度な硬度により、挿入性、追従性を高めています。

 

 

 

医療関係者の皆様へ MEDICAL