MENUCLOSE
日本語 English

製品情報

医療関係者の皆様へ

カーディオバスキュラー・血管内治療デバイス

大動脈閉塞バルーン

ブロックバルーン

大動脈内に留置することで、出血のコントロールを図るIABO/REBOAカテーテルです。 低圧で血管閉塞が可能であり、スタイレット使用によりカテーテルの留置位置ずれ防止効果が期待されます。

一般的名称 中心循環系閉塞術用血管内カテーテル
販売名 大動脈閉塞バルーン ブロックバルーン
承認番号 21200BZZ00250000

 

 

経皮的挿入が可能

付属の10Frシースを使用することにより、経皮的にバルーンカテーテルを大腿動脈に挿入することで出血のコントロールを図ります。

 

 

低圧で血管閉塞が可能

バルーンを低圧で弾性変形させることにより2030mmの血管径まで閉塞することが可能です。

バルーンを円筒状とし、血管壁との接触面積を大きくしていることで閉塞力を高めており、血流に押されて変形しても血管壁との接触面積が増え、更にオクリュージョン効果を高めることが期待されます。

 

 

 

カテーテルの留置位置ずれを起こしにくい

ステンレス製のスタイレットを使用することにより、カテーテルの剛性を高め動脈圧下で閉塞・解除を繰り返してもカテーテルが押し戻されにくい構造になっております。

 

 

お役立ち情報

REBOAIABOの違い、どんな状況下で使用されるのか

医療関係者の皆様へ MEDICAL